プロダクション動画集

2016.12.30.18:43


今月初旬から半ばにかけて行われた、大忙しだった子供たちのダンスプロダクションも無事に終わり、クリスマスが終わった今でもまだ少々良いんに浸っています。9月の昇格試験以来、皆このプロダクションに向けて頑張ってきたので、大変でしたが、それと同時にとても充実した時間だったことも事実です。また来年までこの興奮とは暫くお別れですが、1月には長女さんが初めて海外(お隣オーストラリアですが)での大きなダンスコンベンション&ワークショップに参加することになっており、丸一週間毎日朝から夕方まで様々なスタイルのダンスのスキル向上のための練習に参加する予定になっているし、3月からはまた競技会が始まります。来年はパフォーミンググループに加えて、コンテンポラリーのソロも初出場の予定なので、更に気合が入った練習が期待されます。ただ頑張りすぎて怪我だけはしないようお願いしたいものです・・・。

さて、プロダクションの動画を少々アップしてみたいと思うのですが、シアター内での撮影は禁止なので、今回載せる動画は外(ホール)に設置される確認用の大きなモニターに映し出されるショーの様子を撮影したものになります。なので、残念ながらクオリティーはよろしくありません・・・。周りに人がたくさんいるところで撮影しているので雑音がうるさいですし。でも真上から全体の様子を観られるので、上手く言った部分や改善点を客観的にみることができて、本人たちにとってもなかなかいい教材にもなります。


まずはモモちゃんのジャズナンバー「マジック・ダンス」。今年亡くなったデビット・ボウイを追悼するセクションからのナンバーです。
クラスで一番小さなモモちゃんですが、舞台ではいつも最高の笑顔を見せてくれます。今年は「無造作なハイ・ポニーテール」というのがヘアスタイルだったのですが、いつも自分でハイ・ポニーテールを作り、逆毛を立てて、とっても上手に無造作なポニーテールを作っていました。ママが忙しくてなかなか着替えを手伝ってあげられなかったけど、ちゃんと自分で衣装の管理もして、本当によく頑張りました!


観るとすぐにわかると思いますが、
一番ちびっこで、途中真ん中に来るのがモモちゃんです。


VPS

©The Mains 2016



次は次女・ココちゃん。ココちゃんは今回オープンシアターセクションの「長靴下のピッピ」から一曲と、グレード3ジャズのクラスから一曲、二つのナンバーに出ました。いつもダンスよりお芝居の方が好きだというココちゃんですが、今年は試験で最高得点を取ったり、初めて賞を頂いたりと、とっても飛躍した一年でした。来年も間違うことを恐れず、踊ることを通して自分らしさを表現することを楽しんで欲しいなと思います。

V字右側の後ろから二番目の
黒髪がココちゃんです。

VPS

©The Mains 2016



そして長女さん。今回は合計8つのナンバーに出ましたが、去年のような”早変わり”はなく、ママは舞台袖で次の衣装を握りしめて待機…なんてことはありませんでした(嬉)毎年出場頻度が増えてきて、今年はもういよいよ劇場の中でシートに座ってショーを観るのは無理かな…って思っていたのですが、今回は8回のうち4回は同じ衣装とヘアメイクのままでOK!ということで、お友達にお手伝いをお願いして、8つのうち1つのショーを座って最初から最後までゆっくり観ることができました♪お金払って習わせてるのに、我が子たちが出るショーを一回も観られないなんて悲しすぎますよね。まあ、DVDが出るんですが、やっぱりライブで観るのとは全然違いますからね。今年もちゃんと観ることができて本当によかったです。お友達に感謝!


まずはコンテンポラリーナンバーの「Heroes」。
今年はコンテンポラリーも始めた長女さん。
小さい頃バレエを1年しかやっていないので、他の子たちに比べて
柔軟性や表現力が足りないんじゃないかと少し心配でしたが、
母の心配をよそにしっかりこの日のステージアワードを獲得していました。
出演した8つのうち、個人的に一番好きなナンバーです。
真ん中列一番右端の黒髪が長女さんです。


VPS

©The Mains 2016




ミュージカル「Matilda」(マチルダ)セクションの中でもかなり
オリジナリティーのある振付のナンバー、Revolting Children。
この振付をしたのは、シニアチームの中で一番注目株のエマちゃん。
エマちゃんは現役高校生ながら、中学生チームのクラスを一つ担当
していて、長女さんのダンスの先生でもあります。長女さん、途中から
センターだったので、跳んだり跳ねたりクルクル回ったり・・・・。
なかなか結構忙しい振付でしたがしっかり頑張りました。


VPS

©The Mains 2016




続いて同じくミュージカル「マチルダ」セクションから「Quiet」。
こちらはしっとりとした*リリカルダンス。もちろん長女さんもしっかり
観ていましたが、マチルダ役の子がまたすっごくしなやかで美しく、
彼女の踊りにも見とれてしまいました~。

*リリカルダンス=バレエ・コンテンポラリー・ジャズの3つのスタイルを融合したスタイルのダンス



VPS

©The Mains 2016




次はデビッド・ボウイと同じく今年亡くなったプリンスを追悼するセクションから「Musicology」(ミュージコロジー)。こちらはとってもジャズテイストの強い曲なので、アメリカンジャズダンスにぴったりの選曲と、セクシーでパワフルな振付になっています。長女さん本人はこれが一番踊りやすくて気に入っていたようです。

こちらはドレスリハーサル中のものをUP。
少し画像が良いので観やすいと思います。
この日は唯一の男子がお休みだったので、ちょっと味気ない
感じで終わってますが・・・。
端っこから途中真ん中に移動する黒髪が長女さんです。


VPS

©The Mains 2016




そして最後はポップなメロディーのジャズ、UKのガールズグループLittle MixのBlack Magic(ブラックマジック)。こちら、過去に練習風景もUPしてますが、仕上がりはこんな感じです。途中、V字フォーメーションで真ん中になる長女さん、コサック(開脚ジャンプ)させられて、そのあとすぐまた激しく踊り続けます。他の子たちもエリアル(側空転)したり、リープジャンプやバックジャンプなど、かなりの動きを要されるうえ、途中でステージの後ろを突っ切って反対側から登場してリープ・・・とか、もうありえないくらい激しいので、終わった後の呼吸の粗さは半端ありません。選曲も素敵だし楽しい振付で、見ている方はワクワクするのですが、踊っている本人たちは「やってられない」くらいしんどいんですって。まあ、確かに大変そうだわ(笑)


一見アメリカのチアリーダーみたいにも見えるけど、
(って、画像悪くて見えにくいけど)赤を基調としたキラキラで
素敵な衣装を用意していただきました。実はこれ、原曲よりかなり
リズムが速く編曲されていて、それに合わせた振付になっているので
ものすごく早いダンスになっちゃってるんですね。でもこのナンバーで
来年の競技会にエントリーすることになっているらしいので、
大変ですが今後まだまだなが~いお付き合いになる予定なのです。


VPS

©The Mains 2016



とまあ、今回は親ばか全開、私情盛りだくさんの動画集でしたが(笑)まあ、日本の友人家族に向けて発信している‟育児ブログ”なので、その辺はご容赦くださいませ~。




 

theme : 写真日記
genre : 日記

ガンバッテマス。

2016.11.01.00:42



メイン家の娘たちが前タームの終わりに受けた、記憶にも新しい「ダンスの昇級試験」。新しいタームが始まって、結果が帰ってきました。まあ、よっぽどのミスがない限り、誰でも昇級できるとは思うんですけど、それでも毎年本人たちには一大事のようで、ガールズたちは結果が返ってくるのをドキドキしながら待っていました。今年は三女モモちゃんにとっては初めての昇級試験ということもあり、まずは結果よりも何よりも、「試験を受けるために練習を頑張ること」、「試験の緊張感とプレッシャーに慣れること」を目標に頑張るよう伝えました。



だったのですが・・・




なんと、3人ともきっちり
最高マークの「Distinction」で合格!



©The Mains 2016



しかも、審査官のコメントがまるで賄賂でも渡されたかのような(いや、決してそんなもの渡してませんが。)超絶べた褒めコメントで・・・。もしかして今年の審査官、甘すぎません?・・・こんな我が子たち全員そろっての快挙にあまり慣れていないワタクシ。思わず疑ってしまいそうでしたが、とにかく良かったなと。いやほんと、Distinctionって、9段階あるマークのうちの最高段階なんですよね。点数にしたら95~100点満点ってこと。だから自慢でもなんでもなく、素直に大したもんなんです。一番ダンス歴が長い長女さんだって、Distinctionが取れ始めたのは3年ほど前からですから、ココちゃんやモモちゃんは今回かなり気合入れて頑張ったんだろうなーって思うんです。例えばココちゃんは真ん中っ子っていう立ち位置だけに、何かにつけて周囲がお姉ちゃんや妹と自分を比べているんじゃないかっていうコンプレックスやプレッシャーが少なからずあるんです。(いや、かなりあるんです。)なので、ちゃんと努力して獲得したDistinctionはとっても誇らしい結果だと思います。更にモモちゃんは、今回初めてにしてこんないい点取っちゃったら、来年からプレッシャー半端ないんじゃないかとちょっと心配でもあるんですが、まあ・・「Distinctionってなにぃ~?」とか言ってましたからね。大丈夫かな(笑)



今回よく頑張ったガールズたちにご褒美として
ダンスショップにてお買い物許可~。いつになく真剣に選んでます。

CYMERA_20161008_204343.jpg
©The Mains 2016



モモちゃん、小さい子の舞台衣装コーナーで
何やらごそごそしてると思ったら、自分がまだ
持っていないBellaの衣装を見つけてこの笑顔。

・・っていうかモモちゃん、買わないから。
それ着てどうやってジャズの練習するのさ・・・。

CYMERA_20161008_204232.jpg
©The Mains 2016



さて、頑張った娘たちに負けていられません~。
パパとママも最近二人でSquash(スカッシュ)ガンバッテマス!

CYMERA_20161007_144209.jpg
©The Mains 2016






theme : 写真日記
genre : 日記

昇級試験

2016.10.03.01:15



子供の習い事にもいろいろありまして。日本の子供たちの間では最近はどんな習い事がはやっているのかしら?なんて、ちょっとした好奇心で調べてみたところ、やっぱり手堅いところで、お習字・ピアノ・水泳・サッカー・英会話・空手・・・なんてのが上位を占めていましたね。公文なんてのもありまして、そういえばうちの子たちも近所でやっていた公文教室にしばらく通っていたことがあったなあ~なんて思い返しました。とはいうものの、公文式はNZの一般教育環境には全くそぐわなかったのでしょう・・・やはり数年でぱったりなくなってしまいました。今もどこか違う地域に行けば(特にアジア人が多く住む地域に行けば)あるかなとは思うのですが、あれはやっぱり…向き不向きというか…どこまで子供自身が積極的に取り組めるかですね。先生の手腕にもよるのかもしれないですが、うちの子たちにとっての公文式は間違いなく「苦悶式」でしたね・・・。母ももうあれは結構です・・。はい。
NZでも習い事熱は似たような感じですが、日本と違って学校のお休み中は習い事もぱったりお休み。休む時は徹底的に休んで、やるときゃとことんやる…みたいな。仕事の仕方なんかもそうなんですが、とにかく休みには休む。そういうとことだけはやけにメリハリついてるKiwiたち。まあ、そのメリハリの付け方が、15年経ってもなかなか身にならない日本人もここにいますけどね~。

さて、そのお休みが始まる寸前に、我が家にとって毎年やってくる恒例の行事があります。


「ダンスの昇級試験」


たかがダンス、されどダンス・・・。クラッシックバレエはもちろん、アメリカンジャズ、コンテンポラリー、シアタージャズ、リリカル、タップ、ヒップホップと、すべてのカテゴリーの全てのグレードの昇級試験が行われるため、スタジオは朝から夕方まで、夕方以降は普段のレッスンと、丸一週間フル回転。プレスクーラーからティーンアダルトまで、約400人の生徒さんたちが何らかのダンスの昇級試験を受けるため、スケジュールは平日週末関係なく分刻みで、メイン家の娘たちもたいてい毎年学校を早退して臨むことになります。我が家の子供たちはアメリカンジャズとシアタージャズの試験。もうこういう感じで8年間やってきましたが、今年からはとうとう末っ子モモちゃんも初めて試験を受けることになったので、ユニフォームやヘアスタイルの確認や、立ち位置の確認などを行うリハーサルから始まって、延べ2週間・・・その間ママはなんだかずーっと落ち着きませんした。まあ、よほどのことがない限り落ちることはないと思うんですが、それでも一応点数ってつくのでね。そこで子供たちのモチベーションも上がるってものですし、長女さんに至っては、来年からは高校の選択科目でダンスっていうのもありなので、こういう正式な昇格試験の点数もちゃんと学校の成績の一部として提出できたりもするんです。なので、できるだけいい点数を取に行くことも大いにアリ。まあ、細かいことは別として、とにかく皆踊ることが大好きなので、今年の試験も楽しみながらもそれぞれ一生懸命頑張りました。



まずはモモちゃん。初めての試験はGrade1から。
初めて本格的に「規定に沿って踊りのスキルを魅せる」
という経験をしました。
                                                                   
exam1.jpg
©The Mains 2016



緊張の面持ちでスタジオ入りを待つモモちゃん。

exam2.jpg
©The Mains 2016




どうだった?の質問に、
「いっぱい笑顔で踊れたよ!」のお返事。
そうそう、それが一番大事。よくできました。

exam3.jpg
©The Mains 2016



さて、翌週はGrade5の長女さん。今年は初めてLeap, Jump Spin(開脚やコサックジャンプやスピンなどの技術を審査する試験)も受けるということで、ストレッチにも余念がありません。長女さん、小さいころから変わらずのマイペース…というか、時間という観念があまりないようで、実際8才くらいになるまで時計の読み方をなかなか覚えようとしませんでした。NZの子供たちって、いつもパパやママが車で時間通りにどこへでも連れて行ってくれて、終われば時間通りに迎えに来てくれるので、自分で自分のスケジュールを管理するという概念がほぼないまま大きくなるんですね・・・。自転車に乗れる年齢になるころから、バスや電車に乗ったりしてどこへでも自分たちで出かけるのが普通の日本の子供たちからしたら、かなり仰天なお話かもしれませんね。かといって、ママが子供の頃とは生活環境が違う今の時代に一人で遠出させたりするのはやはりちょっと心配なわけで・・・。なかなか難しいところです。まあ、そういうところがあるので、試験など大事なイベントがあるときでもこちらから声をかけないとなかなか時間を見測らって出かける用意をするってことが下手なんですよね。試験当日も早めに学校から帰って来たものの、時間が迫ってきてから「ユニフォームのショートパンツが乾いてない!」なんて言うことが発覚し、急遽オイルヒーターで乾かすことに。その間一通り試験の復習やストレッチをしながら待っていた長女さんですが、ショートパンツ以外のことを準備するのをすっかり忘れて、それはそれは呑気なもので・・・。ショートパンツが乾いて、さあ行こう!ってなってから急にバタバタし始める始末。ようやくヘアスタイリングの予約時間に合わせてスタジオ入りしたつもりが、実はもうあと10分でスタジオ入りしなければいけないという時間になっていました。慌ててヘアをして貰いながらタイツをはいて、シューズを履いて、ゼッケンをつけて・・・・ホント、毎年やってることなのになぜ毎回こうなるのか・・・。

乾燥中のショートパンツ越しに
呑気に、でもそれなりに気合を入れて
試験前の最後の復習をする長女さん。
取り敢えず時計見ながらお願いしますよ・・・。

exam4.jpg
©The Mains 2016




ぎりぎりながらなんとか間に合い、
グループのみんなとスタジオ入りする長女さん。
どうやらミスなしにちゃんとできたようです。
ε-(´∀`*) ホッ・・・。

exam5.jpg
©The Mains 2016



そして翌日はGrade3のココちゃんの番。ココちゃんも学校から帰るのが少し遅れてバタバタしたものの、一応スタジオ入りする前にバー・エクササイズの練習やストレッチをする時間は確保できました。今年で3度目の試験。ダンスのクオリティー自体は少しずつ確実に向上しているものの、根が緊張屋さんのため、いつもここ一番で体が硬くなってしまったり、笑顔が出なくなってしまいがちでした。すべては「自信」の一言に尽きるのだと思うのですが、さて今回はいかがなものか・・・。

exam6.jpg
©The Mains 2016



ママの心配をよそに、こんな笑顔で写真を撮れるくらい
今回はリラックスして臨めたようです。何につけても練習嫌いの傾向にある
ココちゃんですが、今年はいつになく練習していたもんね。
やっぱり練習は自信につながり、自身が笑顔を生み出すんですね。

exam7.jpg
©The Mains 2016



今年もこうして無事に終了した昇格試験。目標に向かって練習するということや、頑張って難しいことに挑戦することで自信を養うという機会を与えてくれる素晴らしいイベントです。試験の結果はスクールホリデー明けに戻ってくるようですが、結果がどうであれ、自分が後悔しないくらい精一杯やれたと言えたら、それが何よりの収穫です。昇格試験が終わったら、いよいよ12月のビッグイベント、Annual Productionの準備が始まります。ああ…怖い怖い・・・。


theme : 子育て
genre : 育児

野花

2016.09.23.22:46



お仕事オフの日。久しぶりに予定が入っていない日だったので、大好きなおうち時間を楽しむ一日にしました。若いころは家でじっとしているなんてできないママでしたが、家庭を持ち母親になった頃から「自宅」が何処よりも落ち着く場所に変わりました。きっとそれは自分が「家を守る立場」だっていう意識が芽生えたからなんでしょうね。結婚してすぐしばらく専業ママになったことで、「自宅=職場」になりました。つまりは従業員ゼロ。でもボスは自分。そんな最高に居心地のいい、働きやすい職場環境は他にないってことです。まあ、規定就業時間ってのはないし、常に長時間残業及び24時間勤務の可能性は否めない上に、残業手当どころか無給だったりもしますけどね(苦笑) モモちゃんの小学校入学と同時に大学を卒業し、また外でお仕事するようになり、それなりに充実した日々ではありますが、それでもまたいつか「専業主婦」という職業に戻りたいなという気持ちは常に持ち続けています。でも・・・次にそうなる時っていうのはつまりはリタイヤ(隠居)ってことかも(笑)

朝一で掃除も洗濯もささっと済ませて、買い物も夕飯の準備も整えて。貴重な自由時間を獲得するためなら何事も段取りよろしく運びます・・・。

この日は地元のOpshop・オプショップ(地域の様々な非営利団体が運営するリサイクルショップ。Opportunity Shopの略)巡り。お目当ては少し大きめのガラス素材の容器。曲線フォルム希望。予算は$10以下・・・残念ながらこの日は巡り会えなかったのですがその代わりに見つけたのが小指ほどの高さの小さな小さな一輪挿し。これは捜していたというより、最近急に必要性を感じるようになったものといった方がいいかもしれません。その理由は・・・・



ただいまぁ!はい、これマミーに!!


flower1_20160922232428ada.jpg
©The Mains 2016



ここのところ、毎日のように摘んで帰ってきてくれるんです…野花。

小さなモモちゃんの手のひらサイズですから、茎も短めでしてね。このくらいの小さな一輪挿しがあったらな~なんて思っていたところだったんです。まさにOpportunity(チャンス)な出会い。しかも嬉しい$1。


うん、可愛い。買っておいてよかった❤

flower2_201609222324290cf.jpg
©The Mains 2016



モモちゃんが少なくとも16歳になるまでは下校時には必ず家に居ること。その時自分が専業ママであっても、兼業ママであっても、それだけはいつも変わらないママの信念。子ども達に「お帰り」って言ってあげることの意味の大きさは、彼女たちが大人になり、母親になる日が来るまでわからないかもしれません。でも、自身がいわゆる鍵っ子だったママには、母親(または父親に)「お帰り」って出迎えてもらえることの意味の大きさが痛いほどわかります。学校でどんなことがあっても、いつも安心して帰る場所がある・・・疲れた自分を、傷ついた自分を深い愛で受け入れてくれる人が待っている場所がある・・・。子供たちにとって、小さい頃は身の安全だった「親のお迎え」は、大きくなるにつれて「心の安全」に変わって行くものです。これからますます心の発育が活発になっていくお年頃の我が子たち。野花を差し出す、今はまだ小さなこの愛おしい手をいつになっても離さず握っていてあげたいなと思います。


theme : 子育て
genre : 育児

プロダクション2015

2016.01.01.18:01

この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請

 海と空と太陽

2015.10.24.17:09

この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請

劇団と彼女たち

2015.10.07.03:39

この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請

クロス・カントリー

2015.08.26.00:24

この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請

三者面談

2015.03.25.22:38

この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請

ジュニアチームのお正月

2015.01.07.01:17

この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請

スクールホリデー・ダイジェスト

2014.10.11.12:00

この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請

Loom Band Fun

2014.06.29.17:26

この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請

初めての・・・。

2014.03.06.22:16

この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請

愛ある学び舎

2014.02.08.03:48

この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請

夢のキッザニア

2014.01.13.07:11

この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請

メイン家のお気に入りブログ

FC2カウンター

プロフィール

メイン家のママ

Author:メイン家のママ
NZ留学後、カリフォルニアでクルージング会社に勤めてカリブ海を周遊しようという計画もKiwiの夫との結婚により大きく変更。
現在は2004年1月7日生まれの長女と2006年1月6日生まれの次女、2008年9月6日生まれの三女、小さな三姉妹の母という多忙な日々を送る中フルタイム大学生になると言う無謀計画を遂行し、2013年7月NZ幼児教育の学士号を取得しました。

メイン家のおすすめサイト
■賢い海外在住者のあなたへ ■権利所得の仕組み ■旅するカフカ ■旅を仕事にしたい人へ(イメージ動画)
Emailはこちらから・・・

名前:
メール:
件名:
本文:

三姉妹はいくつ?
*script by KT*
コメントありがとう!
最近のメイン家の日常記録
過去のメイン家の日常記録
FC2アフィリエイト
ブログ内検索
RSSフィード