Japanese Kindy Sports Day

2009.11.29.10:00

この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請

初めての欠席

2009.11.27.00:06

もう2週間も前の話になりますが、友情の証にとモモちゃんがお友達からいただいてきちゃったと思われるウィルス君。不運なことに、だんだんと進化を遂げて強くなるとともに長女さんと次女さんにも飛び火いたしました。
体中に湿疹が出ること、ごく一時的な発熱、風邪の初期段階に似た症状が出ることなどが特徴のようです。長い名前だったのですっかり忘れましたが、パパいわく子供にはとってもコモンなウィルスなので心配いらないとのこと。しかしながら、ご丁寧に長女さんには軽いChest Infectionをお土産に持参していただいたようで・・・。

普段は元気いっぱいの長女さんですが、ああ見えて実は「気管」が最大の弱点の彼女。2年前に日本に里帰りした時から登場したアレルギー性の喘息っていう持病もあるのですが、ここに来て久々の併発。そりゃもう、「火山の噴火がとまらない!」くらいの勢いで咳込み続けました。咳き込みすぎて毎日鼻血出してますから、ほんとに「噴火」してるみたいで・・・いや、笑うに笑えず(苦笑)自慢でもなんでもないのですが、長女さん、一般の5歳児とは比べ物にならないほど「咳こみ・むせ返り」対応には手馴れたものでして、いつもならそれほど心配もしないのですが、今回は肺炎に発展する心配もあるって言うことで、抗生物質も処方してもらったほど。幸いココちゃんのほうは、同じ湿疹の症状が出ているものの、ほんのちょこっと体が熱くなるだけで、熱冷ましさえ飲めばほとんど普段と変わらず。きっとこれが普通の症状なんだろうなと思うのですが・・・。

とにかくそんなわけで火曜日のお昼ごろママの携帯が鳴りまして、保健室で休んでいますので迎えに来てください。」とのご通達。プレイグループの遠足のためチビちゃん二人を連れて西の果てにいたママでしたが、南の果てで待つ可哀想な長女さんをお迎えに全力疾走しましたよ。まあ・・・途中でママの大事な納豆買いにアジアンショップに立ち寄ったり、ココちゃんのおトイレ休憩挟んでみたり、モモちゃんの愚図り封じ用にお菓子を買いに寄り道したりもしましたけどね。母はそれなりに心配していたのだよということだけは強調しておきましょう。

保健室に着いたママの目に飛び込んできたのは、きっと突然の嘔吐の場面に備えて準備されたと思われる、新聞紙が敷き詰められた馬鹿でかい「たらい」を抱えた優しい上級生のお姉さんたち3人と、彼女たちにまるでお姫様のように介護されながら、ベッドの上にちょこんと座っている小さな長女さんの姿でした。長女さんってば上級生のお姉さんたち3人も従えて・・・そんなに重病人なのかと一瞬心配しましたが、ただあまりにも咳が止まらないので、いつか吐いちゃうんじゃないかって、周りの皆さんを心配させてしまったのだろうと理解しました。このあと咳が落ち着くまで丸2日かかっちゃったわけですが、病欠とは言えどもこの一年で初めて学校を欠席することになった長女さん、なんだかぷつんと緊張の糸が切れちゃったかのように、

“マミー、もう今年はこれで学校はいいよ。”

まあ、学校を休んで家にいられることがちょっと特別で嬉しい気持ちは分かるんですが、もういいよって言われてもね・・。第一もしそんなことになったら、ほかの誰でもない、このママが全然良くないですしね。ほら案の定、ちょっと元気になった二日目には「お昼寝するからTV付けてもいい?」なんて、いつもなら絶対許されない特別対応をおねだりしてきたりして。NOサインを突きつけてやろうろ思ったんですが、

“ダディーがダウンロードしてくれてるPlanet Earthシリーズ(BBC製作のかなり教育的なサイエンス番組)の続き観てもいい?”

なんて、まるで計算されたかのようなチョイスですから、ママだって首を横に振ることもできず・・・。

何だかんだ言って、この二日間でプラネット・アース・シリーズ第4弾まで制覇した長女さん。元気になったついでに、大好きな自然科学についての新しい知識を頭にたくさん詰め込んで、ようやく学校に戻ってくれました。

ママ: “やっと学校に戻れてよかったね~。今日は何したの?”

長女: “えーとね、お絵かき!”


あ、あれ?もしかしてやっぱりおうちでプラネット・アース・シリーズ第5弾の続き観せてるほうが良かった・・・とか????





機関車とココちゃん

2009.11.25.17:38

この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請

早起きは3問の得

2009.11.24.01:09

この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請

おんなじだ~!

2009.11.22.01:09

この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請

The Affections

2009.11.17.22:59

素敵な青空とは裏腹に、先日の嘔吐事件から未だ引き続き、一人体調いまいちなモモちゃん。イージーゴーイング・ベイビーにも不調な日はあるわけで、留まるところを知らない鼻水攻撃のおかげで、いつもの得意の熟睡ができないようで、この日は特にご機嫌斜めな日となりました。

そんな状態で迎えたパパの帰りが遅い夕べ。パパが遅い日の子供たちとの夜にももうすっかり慣れたもので、今夜のメニューも納豆海苔(の佃煮)ご飯と韓国海苔、先日きみちゃんが送ってくれたママの虎の子の「煮物のレトルト」、それにおいしいキムチ・・・。ここぞとばかりにパパがいない日の特別豪華メニューに子供たちと舌鼓です(笑)夕飯後は読書タイムとモモちゃんのために軽くダンスタイムをこなして、さあ!今日は8時には夢の中コースよ~!・・なんて張り切っていたママなのですが、突然長女さんから「マミー、レストランごっこしようよ~。」とのリクエスト。

“あのね、マミーはさ、一日中家のこととかあなたたちのこととか一生懸命がんばって働いてるわけ。だから、みんなが早く寝てくれないとマミーは自分がしたいことはぜんぜんできなくなっちゃうんだよ。
本も読みたいし、明日の準備もあるし、ゆっくりシャワーに入りたいし・・・。ね、だから、もうお風呂入ろうよ。”


と、大人気なく本音をぶちまけてみるも、そのちょっと寂しそうな長女さんの表情に負けて、10分のつもりで付き合うことに。ところが、何せドアを開けたら、いらっしゃいませではなく「こんにちは~♪」なんていうイカれたウェイトレスに、本日のお勧めを訊いたら、厨房からそのまま持ってきたナイフとメニューを一緒に小脇に抱えて「あなた、何が食べたいの?」なんてたどたどしい日本語で悪態をつくシェフ・オーナーがいるレストランですから・・・これがなんだか結構楽しくて(苦笑)ついママも、こんな形でなんですが・・とばかりに正しい日本語指導に熱が入ってしまいまして、気がついたら就寝目標時間8時の5分前!はっとわれに返り、憂鬱な「三姉妹のお風呂の儀式」に取り掛かるわけですが、この時点で睡眠不足のモモちゃんも限界でして・・・。

(一応)歯磨きしよっか♪― 拒絶!・・・お洋服脱ぎましょうね~♪― 断固拒絶!!ほ~ら、楽しいお風呂タイムだよ~。お姉ちゃんたちと遊ぼうね~♪― 仰け反り反発!!!

き、気ぃ強いな~!!!いったい誰に似たんだか!? (アンタだよ。)

われを忘れたかのように取り乱し続ける、初めて見る全くイージーゴーイングではないモモちゃんを何とか抱きかかえてみるものの、なんだかベッドに行きたくない様子のモモちゃんの指差す方向に従って、あっちウロウロこっちウロウロ・・と、しばらく彷徨いもいたしました。が、湯船に置き去りにしてきたあと二人のことを思い出したママは強行突破。大声で泣き叫ぶモモちゃんをベッドに横たえ、やけくそでブランケットを上からすっぽり被せました。

ピタ。

え・・・?な、泣き止んだ??ただ、早よ寝たかっただけかい!!!

この時点で、大切な「Meタイム」を無駄に消費してしまったママのイライラもかなりピークに。このままバスルームの長女さんとココちゃんのところに戻ったら、絶対に理不尽な八つ当たり方をしてしまう・・と思いつつも、自分の気持ちに蓋をしてむっつりしてしまうのもママの性に合いません。また心中を打ち明けてやる!と扉を開けると、

ちゃ~んと着替えて、バスタオルを片付け、湯船のお湯を流し、お互いの髪を梳かしあっている5歳児と3歳児の姿がそこに・・・。

“や、やるじゃん・・・。” 思わず言葉をなくしてしまったママに


“Mummy, We just wanted to make you happy!” (私たち、マミーを喜ばせたかったの!)

と、満面の笑みのココちゃん。

“We can help each other to sort everything out for you mummy!!”
 (二人で助け合えば、マミーのために何でもできるよ!)

と、誇らしげな長女さん。

ジ~ン・・・・

こんな自己中なママのために・・・アンタ達・・・なんて、なんて優しいの・・・。

子供達を決してなじってはいけない。子供達に理不尽な理由で勝手な怒りをぶつけてはいけない。でも、子供達には理解できないだろうと決め付けて、ポジティブなことはもちろんだけれど、時にはネガティブな自分の気持ちだって、ちゃんと言葉にして子供達に伝えないっていうのはもっといけない。なぜ自分が不機嫌なのか、なぜがっかりしているのか、なぜ悲しいのか、なぜ怒っているのか・・・具体的にちゃんと子供達に伝えれば、子供達は理解してくれる。母と子ってそういうもの。「心配させたくない」なんていうのは勝手なエゴで、子供たちはいつもママの裏表のない本当の気持ちを知りたいと思ってるに決まってる。子供達と一人の人間として接するって言うのはそういうことかなと思うのです。

ママが不機嫌なのは自分のせいだと思い込んで落ち込むのではなく、じゃあ、どうすればママが喜ぶか・・・って、そんな風に前向きに考えて二人で協力し合ってママを感動させてくれた娘達がとても誇らしく思えた瞬間でした。

お布団に膝ま着いて三人でお祈りし終わったあと、かわいいココちゃんはママにキスをしてこう言ってくれました。

“Mummy, you are the best mummy in the world.”


そして、やさしい長女さんはマミーをきつく抱きしめながらこう言ってくれました。

“Mummy, I love you so much...”


ありがとう・・・ママにいろんな大切なことを教えてくれて本当にありがとう・・・。ママはきみたちと家族になれたことに心から感謝します。

こんな感動の一場面のことなんて知りもせず、今ごろ「勝手気ままに夢の中」な今夜のトラブルメーカーにも、いつか分かってもらえる日がくると信じて・・・明日もまたみんなと一緒にがんばろう!


きいちゃん

2009.11.14.23:04

この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請

友情の証に

2009.11.14.22:26

この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請

ガールズ・オンリー・バースデーパーティー

2009.11.14.22:12

この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請

モモちゃんのブランケット

2009.11.12.01:19

この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請

メイン家のお気に入りブログ

FC2カウンター

プロフィール

メイン家のママ

Author:メイン家のママ
NZ留学後、カリフォルニアでクルージング会社に勤めてカリブ海を周遊しようという計画もKiwiの夫との結婚により大きく変更。
現在は2004年1月7日生まれの長女と2006年1月6日生まれの次女、2008年9月6日生まれの三女、小さな三姉妹の母という多忙な日々を送る中フルタイム大学生になると言う無謀計画を遂行し、2013年7月NZ幼児教育の学士号を取得しました。

メイン家のおすすめサイト
■賢い海外在住者のあなたへ ■権利所得の仕組み ■旅するカフカ ■旅を仕事にしたい人へ(イメージ動画)
Emailはこちらから・・・

名前:
メール:
件名:
本文:

三姉妹はいくつ?
*script by KT*
コメントありがとう!
最近のメイン家の日常記録
過去のメイン家の日常記録
FC2アフィリエイト
ブログ内検索
RSSフィード