プロダクション動画集

2016.12.30.18:43


今月初旬から半ばにかけて行われた、大忙しだった子供たちのダンスプロダクションも無事に終わり、クリスマスが終わった今でもまだ少々良いんに浸っています。9月の昇格試験以来、皆このプロダクションに向けて頑張ってきたので、大変でしたが、それと同時にとても充実した時間だったことも事実です。また来年までこの興奮とは暫くお別れですが、1月には長女さんが初めて海外(お隣オーストラリアですが)での大きなダンスコンベンション&ワークショップに参加することになっており、丸一週間毎日朝から夕方まで様々なスタイルのダンスのスキル向上のための練習に参加する予定になっているし、3月からはまた競技会が始まります。来年はパフォーミンググループに加えて、コンテンポラリーのソロも初出場の予定なので、更に気合が入った練習が期待されます。ただ頑張りすぎて怪我だけはしないようお願いしたいものです・・・。

さて、プロダクションの動画を少々アップしてみたいと思うのですが、シアター内での撮影は禁止なので、今回載せる動画は外(ホール)に設置される確認用の大きなモニターに映し出されるショーの様子を撮影したものになります。なので、残念ながらクオリティーはよろしくありません・・・。周りに人がたくさんいるところで撮影しているので雑音がうるさいですし。でも真上から全体の様子を観られるので、上手く言った部分や改善点を客観的にみることができて、本人たちにとってもなかなかいい教材にもなります。


まずはモモちゃんのジャズナンバー「マジック・ダンス」。今年亡くなったデビット・ボウイを追悼するセクションからのナンバーです。
クラスで一番小さなモモちゃんですが、舞台ではいつも最高の笑顔を見せてくれます。今年は「無造作なハイ・ポニーテール」というのがヘアスタイルだったのですが、いつも自分でハイ・ポニーテールを作り、逆毛を立てて、とっても上手に無造作なポニーテールを作っていました。ママが忙しくてなかなか着替えを手伝ってあげられなかったけど、ちゃんと自分で衣装の管理もして、本当によく頑張りました!


観るとすぐにわかると思いますが、
一番ちびっこで、途中真ん中に来るのがモモちゃんです。


VPS

©The Mains 2016



次は次女・ココちゃん。ココちゃんは今回オープンシアターセクションの「長靴下のピッピ」から一曲と、グレード3ジャズのクラスから一曲、二つのナンバーに出ました。いつもダンスよりお芝居の方が好きだというココちゃんですが、今年は試験で最高得点を取ったり、初めて賞を頂いたりと、とっても飛躍した一年でした。来年も間違うことを恐れず、踊ることを通して自分らしさを表現することを楽しんで欲しいなと思います。

V字右側の後ろから二番目の
黒髪がココちゃんです。

VPS

©The Mains 2016



そして長女さん。今回は合計8つのナンバーに出ましたが、去年のような”早変わり”はなく、ママは舞台袖で次の衣装を握りしめて待機…なんてことはありませんでした(嬉)毎年出場頻度が増えてきて、今年はもういよいよ劇場の中でシートに座ってショーを観るのは無理かな…って思っていたのですが、今回は8回のうち4回は同じ衣装とヘアメイクのままでOK!ということで、お友達にお手伝いをお願いして、8つのうち1つのショーを座って最初から最後までゆっくり観ることができました♪お金払って習わせてるのに、我が子たちが出るショーを一回も観られないなんて悲しすぎますよね。まあ、DVDが出るんですが、やっぱりライブで観るのとは全然違いますからね。今年もちゃんと観ることができて本当によかったです。お友達に感謝!


まずはコンテンポラリーナンバーの「Heroes」。
今年はコンテンポラリーも始めた長女さん。
小さい頃バレエを1年しかやっていないので、他の子たちに比べて
柔軟性や表現力が足りないんじゃないかと少し心配でしたが、
母の心配をよそにしっかりこの日のステージアワードを獲得していました。
出演した8つのうち、個人的に一番好きなナンバーです。
真ん中列一番右端の黒髪が長女さんです。


VPS

©The Mains 2016




ミュージカル「Matilda」(マチルダ)セクションの中でもかなり
オリジナリティーのある振付のナンバー、Revolting Children。
この振付をしたのは、シニアチームの中で一番注目株のエマちゃん。
エマちゃんは現役高校生ながら、中学生チームのクラスを一つ担当
していて、長女さんのダンスの先生でもあります。長女さん、途中から
センターだったので、跳んだり跳ねたりクルクル回ったり・・・・。
なかなか結構忙しい振付でしたがしっかり頑張りました。


VPS

©The Mains 2016




続いて同じくミュージカル「マチルダ」セクションから「Quiet」。
こちらはしっとりとした*リリカルダンス。もちろん長女さんもしっかり
観ていましたが、マチルダ役の子がまたすっごくしなやかで美しく、
彼女の踊りにも見とれてしまいました~。

*リリカルダンス=バレエ・コンテンポラリー・ジャズの3つのスタイルを融合したスタイルのダンス



VPS

©The Mains 2016




次はデビッド・ボウイと同じく今年亡くなったプリンスを追悼するセクションから「Musicology」(ミュージコロジー)。こちらはとってもジャズテイストの強い曲なので、アメリカンジャズダンスにぴったりの選曲と、セクシーでパワフルな振付になっています。長女さん本人はこれが一番踊りやすくて気に入っていたようです。

こちらはドレスリハーサル中のものをUP。
少し画像が良いので観やすいと思います。
この日は唯一の男子がお休みだったので、ちょっと味気ない
感じで終わってますが・・・。
端っこから途中真ん中に移動する黒髪が長女さんです。


VPS

©The Mains 2016




そして最後はポップなメロディーのジャズ、UKのガールズグループLittle MixのBlack Magic(ブラックマジック)。こちら、過去に練習風景もUPしてますが、仕上がりはこんな感じです。途中、V字フォーメーションで真ん中になる長女さん、コサック(開脚ジャンプ)させられて、そのあとすぐまた激しく踊り続けます。他の子たちもエリアル(側空転)したり、リープジャンプやバックジャンプなど、かなりの動きを要されるうえ、途中でステージの後ろを突っ切って反対側から登場してリープ・・・とか、もうありえないくらい激しいので、終わった後の呼吸の粗さは半端ありません。選曲も素敵だし楽しい振付で、見ている方はワクワクするのですが、踊っている本人たちは「やってられない」くらいしんどいんですって。まあ、確かに大変そうだわ(笑)


一見アメリカのチアリーダーみたいにも見えるけど、
(って、画像悪くて見えにくいけど)赤を基調としたキラキラで
素敵な衣装を用意していただきました。実はこれ、原曲よりかなり
リズムが速く編曲されていて、それに合わせた振付になっているので
ものすごく早いダンスになっちゃってるんですね。でもこのナンバーで
来年の競技会にエントリーすることになっているらしいので、
大変ですが今後まだまだなが~いお付き合いになる予定なのです。


VPS

©The Mains 2016



とまあ、今回は親ばか全開、私情盛りだくさんの動画集でしたが(笑)まあ、日本の友人家族に向けて発信している‟育児ブログ”なので、その辺はご容赦くださいませ~。




 

theme : 写真日記
genre : 日記

ダンス・プロダクション~怒涛の一カ月~

2016.12.29.16:42

この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請

スクール・パフォーマンス・ショーケース

2016.12.26.01:12

この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請

ココちゃんの挑戦

2016.12.22.15:13

この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請

プレミア映画会へ

2016.12.12.00:37


冒頭からいきなりタイトルと全く無関係な話ですが、ただいまメイン家の娘一同及びメイン家のママ、年末恒例行事である「ダンス・プロダクション8公演」の真っただ中であります。この間の「まさかのスポンサー広告表示」(一カ月ブログを更新していないとブログの頭生地部分が広告になる)も、実はそのプロダクションの連日リハーサルが始まったことで、全く他に費やす時間が無くなってしまっている状態だからなのです。まあ、その様子についてはまた後日たっぷりお話するとして、今回は11月後半に行ってきたプレミア映画祭のお話です。



CYMERA_20161117_222939.jpg
©The Mains 2016




パパがメンバーシップを持っている、とある医療関係従事者専門の協会では、話題の新作映画の公開が決まると、協会メンバー限定の「プレミア先行鑑賞会」を開きます。過去には「Lord of The Rings」(ロード・オブ・ザ・リングス)、「Star Wars」(スター・ウォーズ)、「Hobbit」(ホビット)などの話題作が一般公開前の特別プレミアム鑑賞会として特別先行上映され、映画鑑賞そのもの+αで、会場での楽しいイベントやサービスも用意されていました。パパは毎回このプレミアム先行上映会のチケットを手に入れて、どの話題作も一般公開前にしっかり観に行っているのですが、子供たちとママは実は今回が初めてでした。というのも、子供たちとママはこの時期は毎年ダンスのプロダクション公演と重なるため、残念ながら映画を楽しんでいる余裕などないんです。それに大抵今までは子供たちが観られるレーティング(R13以上指定)物が多かったので、結局パパは他の家族や友人たちとしか観に行くことができなかったんです。ところが今年は公開日程がいつもより一カ月ほど早く、R指定もなし。子供たちとママも、念願のプレミア先行上映会のチケットを手に入れることができました。



その映画が絶対観たかった話題作
「Fantastic Beast」
By J.K ローリングス

CYMERA_20161117_205620.jpg
©The Mains 2016



昔からハロー・ポッター狂の長女さんも、いち早く注目していたこの作品。プレミア先行上映会とあって、映画上映の前のお楽しみイベントも用意してあると言ことで、みんなこの日をとても楽しみにしていました。

会場ではマジックショーやマジック・ジェリービーンズ、写真撮影会など、
楽しい催し物が用意されており、皆の気分も十分盛り上がり完了。

CYMERA_20161117_205233.jpg
©The Mains 2016




特設ゲートの向こうには、ファンタスティックな世界が待っています。

CYMERA_20161117_205402.jpg
©The Mains 2016




いよいよ映画館に入場する前は、3Dメガネ、チョコレートコーティングのWワッフルコーンアイスクリームとドリンク&ポップコーンが全員に無料支給され、なんとも至れり尽くせりの最高の環境で映画を楽しむことができました。映画の内容はこちらでは差し控えますが、詳しくお知りになりたい方は以下のリンクからどうぞ。

「Fantastic Beast」公式HP(英語) 

「ファンタスティックビースト」公式HP(日本語)

「Fantastic Beast」(英語原作本)


映画の感想は、一言でいうと「映像力がものを言う」映画の一つであり、絶対に3Dバージョンで観るべきです。ストーリー展開もハリーポッター並み、いや、もしかしたらそれ以上にユニークでファンタスティックそのものであると思ました。個人的には、是非是非また続編があってくれたらいいのになと願ってしまう、後を引くワクワク感が良かったです。長女さんに言わせると、どちらかというとハリー・ポッターの方が良かったそうですが、それでもハリー・ポッターとの親密なつながりを持たせつつ、ハリーポッターとは異なる時代背景とロケーション設定によって、全く違った映画としての新鮮さを十分楽しめたようです。

「Fantastic Beast」この秋一押しの新作映画ですので、どうぞお見逃しなく!



theme : ◆◆日々の暮らしを楽しむ◆◆
genre : 結婚・家庭生活

リオープン

2016.12.03.10:25

この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請

メイン家のお気に入りブログ

FC2カウンター

プロフィール

メイン家のママ

Author:メイン家のママ
NZ留学後、カリフォルニアでクルージング会社に勤めてカリブ海を周遊しようという計画もKiwiの夫との結婚により大きく変更。
現在は2004年1月7日生まれの長女と2006年1月6日生まれの次女、2008年9月6日生まれの三女、小さな三姉妹の母という多忙な日々を送る中フルタイム大学生になると言う無謀計画を遂行し、2013年7月NZ幼児教育の学士号を取得しました。

メイン家のおすすめサイト
■賢い海外在住者のあなたへ ■権利所得の仕組み ■旅するカフカ ■旅を仕事にしたい人へ(イメージ動画)
Emailはこちらから・・・

名前:
メール:
件名:
本文:

三姉妹はいくつ?
*script by KT*
コメントありがとう!
最近のメイン家の日常記録
過去のメイン家の日常記録
FC2アフィリエイト
ブログ内検索
RSSフィード