二人の誕生日

2017.01.25.08:57


皆さんいかがお過ごしでしょうか?今年の日本は全国的に雪が多いようですね。SNSで日本の友人たちの投稿写真を観ていると、平均気温25度の快適な夏の太陽の下、Tシャツ&素足でうろうろしている自分に罪悪感を感じる今日この頃です。


ニュージーランドの夏サイコー!!!


とまあ、嫌みな叫びはこのくらいにしておいて、近況を・・・。


もうすっかり1月も後半に突入してしまいましたが、年末からお正月にかけてはクリスマスとお正月という月並みの行事をそつなくこなし、毎年その後すぐにやってくる、ママにとっては年末クリスマスより、年始より行事よりも気合のいるイベントを二日立て続けにやっつけました。


6日 次女ココちゃんの誕生日。

7日 長女さんの誕生日。


過去13年間は毎年この二日間のために、クリスマスとお正月に美味しいものをガッツリ食べてエナジー温存・・・・みたいな感じで乗り切ってきましたよ。クリスマスですっかり尽きたプレゼントのネタを、アイデア勝負で乗り切り、お友達を誘ってのパーティーの招待状や計画 x 二日間、そして特に二人が小さい頃は「特別感重視」でケーキも見た目が命のものを二日間費やして一生懸命作ったものでした。

そう思うとちょっと懐かしいので、過去のケーキ集めてみました。


ココちゃん6歳のケーキ 「バレエシューズ」

389527_2982028874127_832322637_n.jpg
©The Mains 2017




長女さん8歳のケーキ 「お馬さん」

386132_2988353592241_1027447881_n.jpg
©The Mains 2017




モモちゃん4歳のケーキ 「バタフライ」

530234_4525943711033_1816218912_n.jpg
©The Mains 2017



ココちゃん7歳と長女さん9歳
合同お祝いのケーキ 「ステレオ&マイク」

543852_10200244038968018_929429506_n.jpg
©The Mains 2017




モモちゃん5歳のケーキ 「お花」
こちらはお家で家族とお祝い用。

20130908215946155_20170118003510293.jpg
©The Mains 2017





モモちゃん5歳のケーキ:その2: 「オンブレ(色の層)」
こちらは、節目の5歳(NZは5歳で小学校に上がります)でもあったので、
乗馬場で盛大にフェアリー・カウ・ガールパーティー
用に焼きました。これは色違い4層のスポンジにしたので
結構時間がかかりましたが、味は過去一番のおいしさでした。

Collages10_2017011800351159a.jpg
©The Mains 2017




ココちゃん9歳のケーキ 「仔猫」

16815_10205611759637680_4541686539001948417_n.jpg
©The Mains 2017




長女さん11歳のケーキ 「ハリー・ポッター」

10898187_10205611831119467_5666359748029608355_n.jpg
©The Mains 2017




モモちゃん6歳のケーキ 「ミニーマウス」

CYMERA_20140907_174937_20170118002024826.jpg
©The Mains 2017




モモちゃん7歳のケーキ 「ピーコック」

4_20170118002019158.jpg
©The Mains 2017




ああ…こうやってみてみると、ママも結構頑張ってきたなあ~~~(泪) 自分の中で割と印象に残っているのは、ココちゃんのバレエシューズ、長女さんのお馬さん、それからモモちゃんのお誕生日会ように作ったオンブレケーキ。この3つはデザインも味も両方こだわって作った記憶があります。でもだんだん手抜きをする方法を覚えてきて、仔猫とかハリポタなんかは完全にGoogleイメージに頼りまして、お店に出向いて、食べられるシートの上にプリントしてもらったんですよね。まあ、デコレーション部分も作りましたけど、あんまり記憶にない(笑)モモちゃんのミニーマウスもオレオビスケットに完全に頼りましたし、ピーコックなんか、ただリクエストに応えればいいやって感じでめちゃめちゃ適当~。でも目的は子供たちの喜ぶ笑顔を観ることだけだったのでね。こういう感じでいいんです(多分)

子供たちが大きくなってくるにつれて、もう「見た目でごまかし」は利かなくなってきます。そう、今はもう「味&量重視」!花より団子ってところですね(笑)ここでまず一つはっきり言っておきますがママは、ベーキングが大嫌いです。いや、正確には「レシピに忠実に従うという作業」とか、ベーキングのあの「計量作業」とか、「材料を細かいところまで一つ一つちゃんとそろえる作業」とか、「バターやクリームでベタベタしたボウルやたくさんの器具を洗って片づける作業」とかが嫌いなんです。だけど、味を重視されるようになってくると、その嫌な部分を全てきちんとやらないと、ダメなんですよね。ここ数年はその辺が辛かったんで、チャチャッと買ってきたりしてたんですが、今年は何となく作ってみようかなって。デコレーションナシならまあそれほど大変じゃないかもなって・・・。


というわけで、今年は二日間続けて味重視で攻めました。


ココちゃん11歳の「NYスタイル・ベークドチーズケーキ」

IMG_20170107_020839_566.jpg

温度設定に最新注意を払って、絶対に真ん中が
ぺしゃんこにならないように焼き上げます。
ケーキの土台のビスケット生地もバターと小麦粉から
作りました。濃厚リッチでとってもおいしいレシピです。

IMG_20170107_021413_059.jpg
©The Mains 2017




長女さん13歳の 「フレンチ・クリームパフ(シュークリーム)」
これはもう、時間がかからないのに、味と数で勝負!という時にもってこい。
家族5人+お友達4人もお泊りに来ていたので、思い切って50個くらい
作って「食べ放題状態」にしました。あっという間に完売でしたけどね・・。

IMG_20170108_051110_390.jpg

CYMERA_20170107_224247.jpg
©The Mains 2017



何はともあれ今年も無事に終わった長女さんと次女ココちゃんのお誕生日今年は二人とも中学・高校の年齢になり、学校でもさらに忙しい一年になると思います。二人が無事にここまで育ってくれたことに何より感謝。そして、ここまで頑張ってきたパパとママも褒めてあげたい!Well done us!!



theme : 子育て
genre : 育児

新年のご挨拶

2017.01.01.17:00


2016年の我が家では、誰も大きな怪我や病気をせず健康に過ごせ、食卓には食べ物があり、着るものに困らず、毎日温かい寝床があり、雨風をしのげるマイホームがあり…数えきれないくらいのたくさんの祝福を受けて、幸せに暮らすことができました。
2017年は与えられるだけでなく、与えることでさらに幸せを感じられる年になるよう努めていきたいと思います。皆様にとっての新しい一年も、穏やかで心が幸福に満たされた日々となりますように心よりお祈りしています。


2017年もThe Mainsを
よろしくお願いいたします。



projectIcon.jpg
©The Mains 2017

theme : 写真日記
genre : 日記

卒業

2017.01.01.02:15


2009年2月。ブカブカの一番小さなサイズの制服に身を包み、パパとママの期待と心配を一身に受けた長女さんの小学校生活が始まりました。これからどんな学校生活が待っているのだろうか・・・家族みんながいろんな思いを抱いて、当時5歳になったばかりの長女さんを見送った日のことが、まるで昨日のことのように思い出されます。2016年12月。あれから8年の歳月を経て、メイン家の長女は無事にPrimary Schoolを卒業しました。


初めての登校日&最後の登校日
おなじポーズで撮ってみた。こんなに大きくなろうとは・・。
当時、こんな日が来るのを誰が想像できたでしょうか?
8年の歳月ってこんなに人間の容姿を変えるんですね。

SHAREit5.jpg
©The Mains 2016



NZでは5歳の誕生日を迎えた翌日から7歳になるまでの間に小学校に入学すればいいことになっています。5歳の誕生日はもちろん一人ひとり違いますから、一斉に入学式を機に・・という日本とは生活の始め方が少し違います。ですが、卒業する日はみな同じ。Primary School(小学校)はYear0(準備クラス)またはYear1からYear6までの6年間で日本と同じですが、学校によってはその次の二年間、つまりYear7とYear8で進むInteremediate School(中学校)が引っ付いているところもあり、それをFull Primary Schoolと呼びます。メイン家の子供たちが通っている学校はそのFull Primary Schoolです。もちろんYear6で卒業してYear7とYear8でよそのIntermediate Schoolに移ることも可能ですが、その場合は特に卒業式などはなく、8週間の夏休みが終わったらそのまま新しい学校へ通うという形になります。6年間通っても何にもなしなんて、寂しいけど現実的なのです・・・。なので、友達と離れるのが寂しくてそのまま8年生まで残る子がほとんどで、我が家の子供たちも一応Intermediate Schoolへの移動を考慮してみたことはあるものの、結局勉強する内容は同じようなものだし、スポーツやそのほかのアカデミックなイベントも、人数が少ない分活躍する場面が多く、特に8年生は最高学年という事でリーダーシップも養えるし、やっぱり友達がほぼ皆残るというのが一番の決め手で、結局引き続きそのまま残ることにしました。

そして気が付けばやってきた最後の日。最終学年だった今年は、長女さんいろいろ頑張りました。全国一斉科目別テストで受けたWriting(論文)ではHigh Distinction(最優秀)をマークし、市のアートコンクールでは4人チームで学校別部門にエントリーした作品が優勝し、賞金$300を学校に持ち帰りました。かと思えば、ディベート(弁論・討論)大会では3人チームで地区大会も勝ち進み遂に優勝し、今度は学校に$1000の賞金を持ち帰りました。賞金がかかると強いみたいです。(笑)また、校内のアートコンテストでも優勝カップを頂き、その名前を2016年度優勝者としてカップに刻ませてもらうことができました。スポーツも、全然出たくなかった地区の学校別アスレチック大会に出場したし、最後の終業式にはグラフィック・アートの最優秀賞もいただきました。
最後のスクール・ショー・ケースでは友人とダンスの振り付けも担当し、何よりもこの8年間を一生懸命楽しみました。


お姉ちゃんと一緒に学校に行ける最後の日。
ココちゃんは2年後に同じ高校に通えますが、5つ離れている
モモちゃんはもうこれが本当に最後の日。
とっても名残惜しそうにお姉ちゃんに抱き着いていました。
Melissas Last day of Drury School 1
©The Mains 2016




過去の卒業生たちが残していった絵を見上げるのも最後。

Melissas Last day of Drury School 9
©The Mains 2016





卒業の一週間前にはDine & Danceというフォーマルな卒業パーティーが開かれます。このパーティーには親たちも招待され、食事を頂きながら学校生活を振り返ります。卒業生たちは卒業証書を頂くのはもちろんなのですが、ここでは、来年からはもうこの学校に通う子供がいない親たちにも卒業証書が渡されます。パパとママは未だあと二人もいますから、全く対象外でしたけどね。


学校の体育館でいただくものとは思えないくらい
きちんとした美味しいバフェスタイルのお料理でした。
ま、一人$20も払ってますから当然ですけど!

Drury School Y8 Dine Dance 2016 -7


こちら、卒業証書。今年一年どんな活躍をしたかも
書いてあります。

Drury School Y8 Dine Dance 2016 -9
©The Mains 2016



そのあとはYear8みんなでのダンスが始まります。これは学校創立157年前から続く伝統の一つらしく、卒業生たちが輪になって、いわゆる「フォークダンス」を踊ります。5歳の時からずっと一緒に育ってきた皆は和気あいあい。男女で手をつないで・・みたいな部分はちょっと「今更」的な恥ずかしさもあったようですが、皆とっても楽しそうでした。


そしてその後は最後の一大(?)イベント、パパと娘(またはママと息子)のダンスタイムです。


どうやらよそのパパさんたちは何日か前からステップの練習をして来た人もいるようだったのですが、実は長女さん、パパにダンス要請をしたのがパーティーの前夜・・・。まあ、相変わらず呑気な長女さんらしいと言えばそうですが、当然パパ、焦る(笑)
なんでそんなギリギリになって!?ってな感じで軽くパ二くってましたが、若い頃教会のダンスパーティーで踊ったワルツなら何とか・・っていう感じで、チャチャチャもルンバも何とかワルツのような動きで切り抜けておりました(笑)もちろん「え~!?」とか言いながら、愛娘とのダンスですからね。とっても嬉しそうに踊ってましたよ。多分次回できる娘とのダンスは結婚式辺りで、その時は涙涙、もしくは超テンション低くて踊りたくもないでしょうから、今回は純粋に楽しめる良い機会だったんじゃないかと(笑)


とにかく、長女さん8年間ご苦労様(パパとママもご苦労様!)。2月からはなんと13歳・ティーンネージャーとしてカレッジ(ハイスクール)に通います。ひょえ~!!色々過剰に期待しすぎず、楽しみにしてます♪




theme : 写真日記
genre : 日記

メイン家のお気に入りブログ

FC2カウンター

プロフィール

メイン家のママ

Author:メイン家のママ
NZ留学後、カリフォルニアでクルージング会社に勤めてカリブ海を周遊しようという計画もKiwiの夫との結婚により大きく変更。
現在は2004年1月7日生まれの長女と2006年1月6日生まれの次女、2008年9月6日生まれの三女、小さな三姉妹の母という多忙な日々を送る中フルタイム大学生になると言う無謀計画を遂行し、2013年7月NZ幼児教育の学士号を取得しました。

メイン家のおすすめサイト
■賢い海外在住者のあなたへ ■権利所得の仕組み ■旅するカフカ ■旅を仕事にしたい人へ(イメージ動画)
Emailはこちらから・・・

名前:
メール:
件名:
本文:

三姉妹はいくつ?
*script by KT*
コメントありがとう!
最近のメイン家の日常記録
過去のメイン家の日常記録
FC2アフィリエイト
ブログ内検索
RSSフィード