野花

2016.09.23.22:46



お仕事オフの日。久しぶりに予定が入っていない日だったので、大好きなおうち時間を楽しむ一日にしました。若いころは家でじっとしているなんてできないママでしたが、家庭を持ち母親になった頃から「自宅」が何処よりも落ち着く場所に変わりました。きっとそれは自分が「家を守る立場」だっていう意識が芽生えたからなんでしょうね。結婚してすぐしばらく専業ママになったことで、「自宅=職場」になりました。つまりは従業員ゼロ。でもボスは自分。そんな最高に居心地のいい、働きやすい職場環境は他にないってことです。まあ、規定就業時間ってのはないし、常に長時間残業及び24時間勤務の可能性は否めない上に、残業手当どころか無給だったりもしますけどね(苦笑) モモちゃんの小学校入学と同時に大学を卒業し、また外でお仕事するようになり、それなりに充実した日々ではありますが、それでもまたいつか「専業主婦」という職業に戻りたいなという気持ちは常に持ち続けています。でも・・・次にそうなる時っていうのはつまりはリタイヤ(隠居)ってことかも(笑)

朝一で掃除も洗濯もささっと済ませて、買い物も夕飯の準備も整えて。貴重な自由時間を獲得するためなら何事も段取りよろしく運びます・・・。

この日は地元のOpshop・オプショップ(地域の様々な非営利団体が運営するリサイクルショップ。Opportunity Shopの略)巡り。お目当ては少し大きめのガラス素材の容器。曲線フォルム希望。予算は$10以下・・・残念ながらこの日は巡り会えなかったのですがその代わりに見つけたのが小指ほどの高さの小さな小さな一輪挿し。これは捜していたというより、最近急に必要性を感じるようになったものといった方がいいかもしれません。その理由は・・・・



ただいまぁ!はい、これマミーに!!


flower1_20160922232428ada.jpg
©The Mains 2016



ここのところ、毎日のように摘んで帰ってきてくれるんです…野花。

小さなモモちゃんの手のひらサイズですから、茎も短めでしてね。このくらいの小さな一輪挿しがあったらな~なんて思っていたところだったんです。まさにOpportunity(チャンス)な出会い。しかも嬉しい$1。


うん、可愛い。買っておいてよかった❤

flower2_201609222324290cf.jpg
©The Mains 2016



モモちゃんが少なくとも16歳になるまでは下校時には必ず家に居ること。その時自分が専業ママであっても、兼業ママであっても、それだけはいつも変わらないママの信念。子ども達に「お帰り」って言ってあげることの意味の大きさは、彼女たちが大人になり、母親になる日が来るまでわからないかもしれません。でも、自身がいわゆる鍵っ子だったママには、母親(または父親に)「お帰り」って出迎えてもらえることの意味の大きさが痛いほどわかります。学校でどんなことがあっても、いつも安心して帰る場所がある・・・疲れた自分を、傷ついた自分を深い愛で受け入れてくれる人が待っている場所がある・・・。子供たちにとって、小さい頃は身の安全だった「親のお迎え」は、大きくなるにつれて「心の安全」に変わって行くものです。これからますます心の発育が活発になっていくお年頃の我が子たち。野花を差し出す、今はまだ小さなこの愛おしい手をいつになっても離さず握っていてあげたいなと思います。


theme : 子育て
genre : 育児

comment

Secret

メイン家のお気に入りブログ

FC2カウンター

プロフィール

メイン家のママ

Author:メイン家のママ
NZ留学後、カリフォルニアでクルージング会社に勤めてカリブ海を周遊しようという計画もKiwiの夫との結婚により大きく変更。
現在は2004年1月7日生まれの長女と2006年1月6日生まれの次女、2008年9月6日生まれの三女、小さな三姉妹の母という多忙な日々を送る中フルタイム大学生になると言う無謀計画を遂行し、2013年7月NZ幼児教育の学士号を取得しました。

メイン家のおすすめサイト
■賢い海外在住者のあなたへ ■権利所得の仕組み ■旅するカフカ ■旅を仕事にしたい人へ(イメージ動画)
Emailはこちらから・・・

名前:
メール:
件名:
本文:

三姉妹はいくつ?
*script by KT*
コメントありがとう!
最近のメイン家の日常記録
過去のメイン家の日常記録
FC2アフィリエイト
ブログ内検索
RSSフィード