スクール・パフォーマンス・ショーケース

2016.12.26.01:12

12月上旬、2年に一度の学校行事「Performance Showcase」がありました。今年で卒業の8年生の長女さんにとっては今年で最後のShowcaseでした。Showcaseと言っても、まあ学年やクラスごとに歌ったり踊ったりお芝居したりする、要するに学芸才みたいなものなんですが、こういう学校行事ががあんまりないNZの小学校では割と貴重な機会です。今回は次女ココちゃんが「インディアン・ダンス」のチームに入っていたり、長女さんが7年生&8年生合同のダンスの振り付けを担当したという事で、いつもより更に頑張った感があったかな?


三年生のモモちゃん。一生懸命「鳥」になってます。

Drury school performance showcase 2016 -11
©The Mains 2016


このお面も頑張って作ったようで、
今も自分のお部屋に飾ってあります。

Drury school performance showcase 2016 -12
©The Mains 2016


モモちゃんのいいところは、カメラを向けると必ず
満面の笑みを見せてくれるところ。とっても楽しそうで。
観ている人の心もHappyになります。

Drury school performance showcase 2016 -16
©The Mains 2016



こちらは6年生の次女ココちゃんのお芝居。
ココちゃんはパフォーミンググループにも入っているようで、
(ママ、最近まで知りませんでした)お芝居好きのココちゃんには
とても楽しいアイテムだったようです。先生がいない教室の一幕を
コメディータッチで描いた「無声芝居」です。
無表情を貫く場面がなかなかツボでした。

Drury school performance showcase 2016 -20
©The Mains 2016



先生が教室から出て行って、「にんまり」するヤンチャな二人。

Drury school performance showcase 2016 -21
©The Mains 2016



先生が教室から出て行ってはしゃぎ始める子供たち。

最後は先生に見つかって「喝」を食らい、一斉に着席して終わり(笑)

Drury school performance showcase 2016 -24
©The Mains 2016




長女さんのハイライトはショー最後のアイテムだった、「7&8年生合同のダンス」でした。選曲もMixingも振り付けも全てダンススタジオでも一緒の友達たちと担当したらしく、練習にも随分時間がかかったそうです。今回やってみて持ったのは「みんなをまとめるのは大変!」「先生の気持ちがわかった!」だそうで、まあそれだけでもがんばった甲斐があったのでは?

もちろんダンスが苦手な子や興味がない子もいるわけで、振付も難しくなく、でも簡単すぎず…と、なかなか苦戦したようです。何にしても皆の協力なしにはできなかったこと。感謝しなきゃね!何事も楽しいだけじゃないな~って、改めて分かったようです。



ちょっとだけハイライトシーンの動画。ハイライトというか、親ばかの長女さんフォーカスっていうだけですけど(笑)

VPS

©The Mains 2016




とにもかくにも無事にまた一つ学校行事が終わり、
ほっとした子供たちでした。

そして、次はいよいよ一年で最も怒涛の一週間、
ダンス・プロダクションのお話です。

Drury school performance showcase 2016 -26
©The Mains 2016





theme : 子育て
genre : 育児

comment

Secret

メイン家のお気に入りブログ

FC2カウンター

プロフィール

メイン家のママ

Author:メイン家のママ
NZ留学後、カリフォルニアでクルージング会社に勤めてカリブ海を周遊しようという計画もKiwiの夫との結婚により大きく変更。
現在は2004年1月7日生まれの長女と2006年1月6日生まれの次女、2008年9月6日生まれの三女、小さな三姉妹の母という多忙な日々を送る中フルタイム大学生になると言う無謀計画を遂行し、2013年7月NZ幼児教育の学士号を取得しました。

メイン家のおすすめサイト
■賢い海外在住者のあなたへ ■権利所得の仕組み ■旅するカフカ ■旅を仕事にしたい人へ(イメージ動画)
Emailはこちらから・・・

名前:
メール:
件名:
本文:

三姉妹はいくつ?
*script by KT*
コメントありがとう!
最近のメイン家の日常記録
過去のメイン家の日常記録
FC2アフィリエイト
ブログ内検索
RSSフィード