Chopped Off!

2010.02.15.23:57

結婚生活も来週で7年目を迎えるメイン家のパパとママ。子供が一人、また一人と夫婦の元にやって来るに連れて、だんだんとイベント関係には固執しなく(できなく)なってきているというちょっと困った状況の中、やっぱり今年もやってきたバレンタイン・デー。クリスチャンの我が家にとっては基本「ゆっくり・のんびり」がモットーの日曜日だったということもあって、なんとなく暗黙の了解で「静かに一緒に読書」なんていうちょっと色気の無い、でもそれなりに有意義な夫婦の夕べを過ごしてみたりしました。パパに定番のチョコレートも考えてみたんですけどね、超が付くほど健康志向な人ですから・・・大きなチョコレートなんてあげたらそのまま一ヶ月以上冷蔵庫の肥やしになること間違いなしっていう事情もありまして・・・その代わりに、最近新調したチョットいい感じの花瓶に、見ているだけで元気になりそうな大きなヒマワリを一輪挿してみました。「なかなかいいね~。」ってお言葉をいただけたので、今年はこれで良し。

さてさて・・・この我が家の静寂なるバレンタインデーの日にちょっとしたアクシデントがございました。標的となったのはこのワタクシでして、実は久々にやっちゃったんですよねえ・・・お料理中に・・・。
まあかれこれ7年主婦をやっていれば、「調理中の勘」みたいなものもちょっとは養われるわけです。足元にまとわり着いてくる我が子を制しながら・・・とか、リビングで遊ぶ子供たちの様子を確認しながら・・とか、久しぶりのママ友からの電話を受けて、受話器を肩に挟んだまま会話を楽しみながら・・・・とか・・まあ、いろんな形で包丁を握ることがあるわけですが、その「調理中の勘」みたいなものが働いているせいでしょうか、包丁をはじめ、調理器具で怪我をするというようなことはほとんどなくここまでやってこられたように思います。最後に思い出せる痛かった経験といえば、まだ長女さんが赤ちゃんだった頃、家中で一番よく切れるステーキナイフで親指をブッスリ切ってしまった・・・ということくらいでしょうか。でも、当時は「初めての出産の痛み」の衝撃からそれほど時間が経っていなかったこともあり、「なんのこれしき。」と、普通ならきっとめっちゃ痛い「破傷風予防注射」も平常心で乗り越えたのですが、あれから5年近く経った先日の日曜日・・・。


親指の先っちょを切り落としちゃいました。(チビッとですけどね)

いや~、結構衝撃的でしたね~。「切る」ことはあっても、「切り落とす」ことはなかったですからね~。(苦笑)
はっと気付いたら、ニンジンの短冊切りと一緒に、爪と指先のかけらがちょこんとまな板の上に乗っててねえ・・。痛みはそれほどなかったんですが、先が少し欠けてしまった親指を見つめたまましばらく静止状態。と次の瞬間、ぽっこり開いた指さきから噴水のように血が流れ始めて、そこではっと我に返りました。「止血せねば。」で、でもどうやって???でも、とりあえず消毒が先??水道水で良いの??なんて、ぐるぐる頭の中をいろんな思いが交錯する中、なぜかとりあえず子供達にこの状況を伝えておこうと思ったから不思議です。

“ねえ~!みんなちょっと来て~!!マミー、指切っちゃった~。”

外で遊んでいた長女、次女、よくわかんないけどとりあえずの三女と続いてみんながキッチンにやってきました。

長女:“マミー!血が出てる!!かわいそう!!!” 

次女:(なぜか笑顔で)“マミー、死んじゃうのぉ~?”

三女:イタイ・・イタイ・・・ッケ。(イタイのイタイの飛んでいけ~!)

三人三様・・リアクションはまちまちでしたが、とりあえずみんな状況は分かったらしい・・・。でも、次の瞬間いっせいにその口から飛び出した言葉が、“ディナーいつ食べられるの~!?”だったことはもっと衝撃的だったとか何とか・・・モモちゃんまでが「じなー、じなー(ディナー、ディナー)」って・・・。(苦笑)とりあえず片方の手で片方の親指の根元をぎゅっと掴んで清潔なガーゼを捜すも、片手ではなかなか思うように行かないものです。結局口の中に指を突っ込んで、そのままパパに電話しました。

ママ:(いきなり)“I chopped my 親指 off, and 指がちょっとなくなっちゃったの・・・。”

パパ:“・・・どれくらい?”

ママ:“見たら分かる。血がとまんなくてニンジン切れないから早く帰ってきて!”(ちょっとパニック)

パパ:“OK, I'm on my way.(分かった。すぐ帰るね。)”


約2分後、ちょうどすぐそこまで帰ってきていたパパが現れました。ところで電話というのは難しいものですね。自分は冷静に話したつもりでも、相手にはかなり誇張されて伝わるって言うこともしばしばなようで・・・。パパはママの話の様子から、親指が第一間接辺りからすっかりなくなってしまったのだと思い、「局部麻酔の注射、持って帰ってきてたかなあ。」とか「取れた指を冷やせるくらい十分な氷はあったかなあ。」とか「子供達誰におねがいしようかなあ。」とか・・・帰宅するまでのほんの2・3分の間にいろんなことを考えたのだそうです。で、実際にママの指先がちょこんと欠けているのを見て口を付いて出た言葉が

“あ~・・・。”

だけ?それだけ!?痛いよ、結構!!指先、陥没してるでしょ?わかるよね?ね!?まだ血、止まんないんですけど!?・・・って、まあ、ここに来て初めて「痛み(傷み)」を感じました。これじゃあまさに真っ赤なバレンタイン・デー。親指の欠片もなければロマンチックの欠片もありませんから!!

その後やはり止血には20分くらいかかったんですが、これくらいならまあ骨までは達していないだろうというパパの判断のもと、どこからともなく出てきたパック洗浄水やらパック消毒液やら局部麻酔注射やらガーゼやら包帯やらで、応急処置をしてもらいました。しばらくズキン・ズキンという鈍い痛みが続いたのは確かですが、幸い痛みには強い人であるママにとって、傷口の痛みは耐えられる範囲だったんです。あえて最後まで痛かったのはパパの「あ~・・・。」っていう一言と、

“まあ、ほんのちょ~っとだけチクっとするけど、そんな痛くないよ。”

という言葉を信じてしてもらった局部麻酔注射が、全然ちょっとだけじゃなかったっていう不実だったかもしれません。大体、いつも医者がいう「ちょっとだけ」って、何が根拠になってるんだ!?まな板にちょこんと置き去りにされた親指の小さな欠片と睨めっこしながら、腑に落ちない気持ちでそんなことを真剣に考えるママの「ちょっと痛く切ないお話」でした・・・。





comment

Secret

2010.02.17.00:16

イヤァ~・・・
読みながら自分の手で自分を抱きしめてしまいました。
最後まで読めるか、途中棄権をするか葛藤がありましたが・・・。
ママさん、その後経過はどうですか?大変でしたね。
きっとダンナさまの「あぁ~」の中には安堵もあったのでは。
それにしても本当にお大事になさってくださいね。

2010.02.17.03:26

読んでるだけで痛そう~。
で、欠けちゃった親指の欠片はその後いずこへ?こういう場合、皮膚の再生能力に任せるしかないのかなぁ?あかん・・・書いてるだけで痛くなってきた・・。
包丁ですすす~っと切っちゃうことはあってもchop offって・・・衝撃的でした。
でもさ~、主婦がちょっと指切ったくらいじゃ誰も労わってくれないところが悲しいと思わない??お大事に。

2010.02.17.12:35

> Teckelさん

ちょっと生々しすぎるかなあ~とも思ったんですが、女性ってほら、結構他人の痛いのとか怖いのとか好きでしょう?だから、まあこれも記録のうちだし、このまま実況しちゃえ!みたいな感じでダラダラ~っと書いてみました(笑)その後はおかげさまで痛みも和らぎ、大分落ち着きました。包帯替えるのがまだちょっと怖いですけど、それでも水仕事は休めませんから仕方なくがんばってま~す。


2010.02.17.13:02

> Meiz-bikさん

痛そうでしょ~?実際、けっこう痛かったです。キッチン内で主婦が怪我しても誰の同情も買えないって言うのは、プロレスラーがリング状で流血しても観客の同情を買えないっていうのと所詮同じですよ・・・(同じか?)「欠片」はですね、指紋がくっきり付いているのをみていると愛着がわいてきて、しばらくキッチンベンチに置いてたんですが、翌朝には干からびて全然愛しくなくなったんで、ゴミ箱に捨てました(笑)お互いキッチン内での事故には気をつけて、切り落とすのは牛肉だけにしておきましょう~!

2010.02.17.14:09

それは痛いでしょ!
痛みに弱い私だったら、もう泣いちゃうかも!www
ワタシも切り落とした経験アリ。夜だったからさ・・・救急病院いっちゃったよw
いまでも盛り上がっちゃって、へんなカタチに・・・(笑)
お大事にしてください。

2010.02.17.19:59

うぉ~、読んでて痛いですな。こういうとき旦那様がお医者さんで良かったって思いました??子供たちは旦那様の血も入ってるってことで「まぁ、これくらいなら」とか思っちゃったんでしょうかねぇ。ママさん、痛みに強いなんてうらやましいっ!!私は痛みに弱いのできっと同じ状況だったら吐いてるでしょうね、足から完全に血の気引かせて。ある意味思い出深いバレンタインだったってことで…。お大事にしてくださいね。

2010.02.17.22:25

ひゃぁ~、読んだだけで自分の指が痛くなってきてしまったよぉ~!!大丈夫?パパは仕事場で血を見慣れてるせいか?!でも一緒にパニくるよりいいんじゃないのかしらん?ま、安心してのコメントだよ。^^;
我が家のバレンタインデーは、Pさんが朝食にクレープ作ってくれました~♪ふふふ。(すっかり食べ物で釣られてる私です。)

2010.02.18.05:34

顔をしかめながら最後まで読みましたよ。最初は結構冷静なんじゃない?なんて思ったけど、やっぱり最後のほうになると・・・。痛かったよねー。私も2年くらい前に同じような怪我をしましたよ。
やっぱり止血するのにどうしよう?とりあえずは腕を上にあげて、指の付け根をゴムでくくって、旦那の帰りを待ちました。
そして救急病院へ。でも病院の先生にはこんなのかすり傷だ~くらいしか思われないのよね。
しばらくは痛いでしょうし、台所仕事も大変でしょう。お大事にね。

2010.02.18.11:56

> あゆごんさん

あるんだ~。私より主婦暦長いあゆごんちゃんにも。救急病院かあ・・・そうだよねえ、切り落としたらそんな勢いになるよね~。なのに、なのに、うちのパパってば「あ~・・・。」だよ。悲しいでしょ!?
やっぱり傷跡が盛り上がっちゃってるんだ。ぅ~ん・・私の親指も不恰好になるかな???

2010.02.18.11:59

> Shantiaさん

痛みに強いというか、まあ、パニくってもしょうがないって思うんで、いつも自分の怪我のときはけっこう冷静なんですよね。でもこれが子供だったら涙目になってたかも!我が家では長女が数年前に親指の爪が全部剥がれるというもっと痛い経験をしたことがあるんで、みんなそれよりマシだって思ったのかもしれません。もうちょっと労ってくれてもいいのに(苦笑)

2010.02.18.12:05

>モアナさん

そうですね~。確かに毎日病院ではもっともっとすごいシーンを目の当たりにしてるでしょうから、私の指なんて「あ~・・。」なんでしょうね・・。でも、女子としてはもうちょっと感情移入してくれてもいいんじゃないの!?なんて思いますよ!これがもし私でなくて子供だったらきっともっと手厚い看護をしてあげてたんじゃないか!?なんて、ちょっと被害妄想がわいたりしてね(笑)Pさんやるう~!そういうちょっとした優しさがぐっとくるんですよね。これからもラブラブでね~♪

2010.02.18.12:09

>Chiisanさん

あ、やっちゃったことあるんですね~。ああいうシチュエーションで一人きりだと困りますよね!火事や事故や怪我の時って、ぜったい心を冷静に保つことが一番大切なんだって言うのは分かっていますが、痛いもんは痛い!まあ、確かにみんないっせいにパニックになったらそれはそれで困るんでしょうけど、同情のフリでもいいからして欲しいなあ~って言うのが当人の本音ですよね。今はもうほとんど痛みもなく、家事にも支障はないので大丈夫です。心配してくださってありがとう~!!

2010.02.21.22:52

いやぁぁぁぁぁぁぁぁ~
読んでてずいぶんリアルだから想像できちゃって鳥肌いっぱいたっちゃいました・・・
麻酔も打ったってやっぱり相当だったんですねv-12
でも、お医者さんが家族似るって便利ですねv-8

2010.02.22.18:08

わたし、実はよくやります・・・(汗)
去年は2回やってしまいました。1回はキャンプ中、しかも大雨でただでさえ気分が重いときに!
ママさんの記事を読みながら、痛いだろうとは思いながら、家族みんなのリアクションを見て、久々に大笑いをさせてもらっちゃいました。失礼!
お医者さんが家族にいるって、いいですねー。
お大事にね。

Re: タイトルなし

2010.02.23.03:05

>イーコロリンさん

主婦は必ずやるのよね~・・アナタも気をつけてねっっ!!たまたま麻酔注射持って帰ってきてたんで興味半分お願いしてみたのが間違いでした・・・。脂肪が少ないところに打つとヤッパリ痛い!!!

Re: タイトルなし

2010.02.23.03:08

> araumaさん

私達の名前になんか「どんくさい」由縁でもあるんでしょうかね!?(笑)
イタイイタイ・・これからはお互いせめて4年に1回(オリンピックと同じ)くらいにしておきたいものですね・・・。

メイン家のお気に入りブログ

FC2カウンター

プロフィール

メイン家のママ

Author:メイン家のママ
NZ留学後、カリフォルニアでクルージング会社に勤めてカリブ海を周遊しようという計画もKiwiの夫との結婚により大きく変更。
現在は2004年1月7日生まれの長女と2006年1月6日生まれの次女、2008年9月6日生まれの三女、小さな三姉妹の母という多忙な日々を送る中フルタイム大学生になると言う無謀計画を遂行し、2013年7月NZ幼児教育の学士号を取得しました。

メイン家のおすすめサイト
■賢い海外在住者のあなたへ ■権利所得の仕組み ■旅するカフカ ■旅を仕事にしたい人へ(イメージ動画)
Emailはこちらから・・・

名前:
メール:
件名:
本文:

三姉妹はいくつ?
*script by KT*
コメントありがとう!
最近のメイン家の日常記録
過去のメイン家の日常記録
FC2アフィリエイト
ブログ内検索
RSSフィード