スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

星に願いを

2010.07.07.02:03

ママがまだ独身だったころ、半年ほど教会のお友達の台湾人家族のご家庭で生活させてもらったことがありました。そのときの七夕の日にホストマザーから、

“今日は私たちにとってバレンタインデーみたいなものよ♪”

なんていうちょっとロマンチックなお話を聞いたことがありました。離れ離れになってしまった機織女の織姫と牛飼の彦星が恋人同士ではなく実は夫婦だったなんて気がつきませんでしたが、それこそ年に一度しか会えない夫婦なんて、更に切ないお話なんですね。でもまあ、現実的に考えて年に一度しかあえないなんて恋人同士という関係は成り立たないかもしれないですよね。夫婦なら「海外単身赴任中で年に一回しか帰ってこられない。」なんてセッティングもありえないわけじゃないかな~・・って変に納得(苦笑)

七夕といえばやはり笹飾り。NZで笹なんてどこに手に入れるのか、未だ定かではないんですがとにかく、ココちゃんが通う日本人幼稚園と、日本人プレイグループでは毎年笹のお裾分けを頂いてきます。参加し始めてもう6年になる日本人プレイグループでは毎年ちょうどスクールホリデーと重なるので、年齢対象外の長女さんも一緒に参加しています。今年はモモちゃんも初めて短冊に願い事を書きました。
・・・もちろん丸と線の殴り書きですけどね(笑)

まずは先週ココちゃんが日本人幼稚園から持って帰ってきた短冊。
「お母さんのようになれますように。」って・・・なんだか照れちゃいます。
ママ的には「こんなお母さんのようにだけはなって欲しくない」んですけど(汗)

Courtneys Tanabata Kazari



プレイグループでは各自思い思いの願い事を短冊に。
長女さんはなぜか「人魚になりたい」・・・なれないです(苦笑)
ココちゃんは「お医者さんになりたい」・・・現実的だね。
モモちゃんはとりあえず「マミーみてみて、できた!」・・・良い子良い子(笑)

tanabata2.jpg


プレグループでみんなが飾った短冊をみていると、あることに気が付きました。男の子達はみんな「○○がほしい!」とか、「○○へ行きたい!」などという、物質的な願望を書いているのに対して、女の子はみんな「大きくなったら○○になりたい」という、将来の夢を短冊に託しています。この違いってとっても面白い。
やっぱり女の子は男の子に比べて小さいうちから現実的な生き物なんでしょうね。七夕の星に託したそれぞれの願い・・いつでも一生懸命がんばればきっと夢は叶いますよ!


comment

Secret

No title

2010.07.10.21:49

さくらも日本人幼稚園で七夕の短冊書いてきました。3歳のさくらの短冊は、「おおきくなったらおかあさんになりたい」「おねえさんになりたい」「おはながほしい」でした。ほほ笑ましいものです。お兄ちゃんのタクミが4歳の時は、『パイロットになりたい』でした。ダディの影響かしらん?
やっぱ他国に住んでいると、日本の文化忘れがちですねぇ・・。日本人幼稚園のこういったイベントがないと過ぎてから思い出す、ってこと多々あります。

2010.07.10.22:09

> モアナさん

そうですね~。だけど日本の心って・・・本来なら「日本人である母」が伝えなければいけないのでしょうけどね(苦笑)子供の夢、きっと親の背中をいつもよ~く見ているっていう証拠なんでしょうね。ほんと、よく見られているんだっていう意識を持ってがんばらなくっちゃ(汗)

メイン家のお気に入りブログ

FC2カウンター

プロフィール

メイン家のママ

Author:メイン家のママ
NZ留学後、カリフォルニアでクルージング会社に勤めてカリブ海を周遊しようという計画もKiwiの夫との結婚により大きく変更。
現在は2004年1月7日生まれの長女と2006年1月6日生まれの次女、2008年9月6日生まれの三女、小さな三姉妹の母という多忙な日々を送る中フルタイム大学生になると言う無謀計画を遂行し、2013年7月NZ幼児教育の学士号を取得しました。

メイン家のおすすめサイト
■賢い海外在住者のあなたへ ■権利所得の仕組み ■旅するカフカ ■旅を仕事にしたい人へ(イメージ動画)
Emailはこちらから・・・

名前:
メール:
件名:
本文:

三姉妹はいくつ?
*script by KT*
コメントありがとう!
最近のメイン家の日常記録
過去のメイン家の日常記録
FC2アフィリエイト
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。