スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ママの想い

2010.07.25.12:46

先日お迎え時間を1時間間違えて長女さんを泣かせてしまったという話がありましたが、そのくだりに書いた「学生になった」というお話に対して思いがけずたくさんコメントが寄せられました。主にありがた~い「励まし」のお言葉ばかりで本当に嬉しく思いました。また、ブログへのコメントではなく何人かの方々からは個人的なメールを頂いたりもしました。なんというか、こんな無謀な私でも温かく見守ってくださる方々がいてくださるなんて、誠に有難き幸せでございます・・・。中にはどうやって時間を工面するのか、いったい何を専攻するのか、(知っている方からは)なぜそれを学ぼうと思ったのか・・・などという質問もいただきました。
どれもこれも「はて?どうでしょう?」と自問したくなるような質問ばかりなのですが(苦笑)いつか子供たちがこれを読む時に「母の想い」とやらを少しでも汲み取ってもらえたら嬉しいなという気持ちも込めて、今日はちょっとつぶやいてみようかなと思います。



「Bachelor of Education Early Childhoodを専攻しよう。」そう思ったのは三女モモちゃんが生まれて間もない約2年前のことでした。もちろんそのときはまだいつ、どこでなんて具体的なことは全然考えもしませんでしたが。それまでには多くのママさんたちと同じように子育てに行き詰まりを感じた事だってあったし、特別子供が好きだといつも感じていたわけでもありません。それに、三女が生まれて新たに“さあ三度目の正直、また一から子育てを始めよう”という立場の自分が、どうしてまた今更幼児教育?と自問することもありました。それでもそんな思いとは裏腹に、なぜか「子供を観察する事の面白さ」「子供の発育過程の興味深さ」がどんどん湧き上がってくるのです。そう・・・きっと三女を授かるまでは、一生懸命目の前の事をがんばるのが精一杯で、わが子をこんな風に一歩下がって眺めてみる余裕というものがなかったんでしょうね。無計画にしてまるで計画したかのように授かった三人の娘たち(笑)一人一人観察し比べてみると、あれ?こんな事こんな時期にでできたっけ?とか、人間のコミュニケーション能力ってこうやってみについていくんだ・・・とか、今まで当たり前のように思って見過ごしてきたたくさんの興味深い情報を客観的に拾い集めることができるようになっていたいる自分に気がつきました。

今更ながら子供って本当に興味深い。こう来たらこう・・っていう正解が全くない生き物なのに、期待を裏切られることも絶対にない。こんなに未知の世界を秘めた生き物が3人もいるのに、どうして今までもっと突き詰めてみようとしなかったんだろう??そう思うのに実に5年かかった・・・という、ちょっと間抜けな序文なのでした。

それからもうひとつママの決意を固める要素となったのは次女ココちゃんのモンテッソリーPreschoolだとおもいます。子供は環境さえしっかり整えてあげればまるで水を得た魚のように自由を得て、乾いたスポンジが水を吸い上げるかのように周りに用意された情報をどんどん吸収していくというすばらしい能力を持っている・・・という、まるでどこかの本に書いてあるかのようなこの事実を実際に目の当たりにして行くうちに、自分なら子供たちの可能性をどんなふうに最大限に引き出してあげられるのだろう・・・なんていう母心にも似た気持ちがこれまたどんどん湧き上がってくるのでした。

そして、最後にこの決心を不動のものにしたのは、何よりも我が子たちの将来を考えたときに抱いた気持ちです。三人のママである自分が何かを始めたいと思うたびに「自分の母親の助けが得られたらなあ・・・。」って思うんです。海外に嫁ぐとその思いは特に強くなるものなのですが、本当に「自分の親の助け」って、のどから手が出るくらい欲しいって感じることがあるんですよね。子供が小さくても自分の母になら安心して任せて大学でもどこでも通えるのに・・・って。そして、そんな思いを自分の子供たちにはして欲しくないなって思うんですよね。我が家は女の子が三人。否が応でもいつか娘たちが子供を生み母親になる日が来るのです。(もしそんな日が来なかったら寂しいですが・・・)そんな時、つまり娘たちが自分たち自身で「母になり自分の学業やキャリアをあきらめる。」か、それとも「キャリアや学業を優先し、子供を持つことを後回しにする」かという選択をしなければいけないという日が来るとき、ママがそばにいて、「安心してどちらもがんばりなさい。」って背中を押してあげられたら、そして自分の運営する園で孫たちに日本語や日本文化を交えた環境で教えてあげられたらそれ以上の喜びはないなあ・・・なんてね。そんな思いが基本中の基本にあったりするんです。

だって海外組みの皆さん、自分の孫たちが日本語はなせなかったり日本の事わからなかったりしたら悲しすぎませんか?まあ、もう視点が孫に向いてるなんて、我ならがちょっと笑っちゃいますけどね。子供は大きくなったらそれで終わり・・的な存在ではないです。いつになっても心配するのが親ですが、メイン家のママはきっと心配するだけでは歯痒くて親をやってられません。幼児教学に精通することってきっと子供たちが大人になったときにもその人間性を理解して受け止めてあげることができるための大切な原則を理解しておくということなんだろうなと思ったわけです。
そう、あくまでも自分の職業は「母」であることをずっと貫き通したいって言う気持ちが高まった結果の「幼児教育」だということなんですよね。

とまあ、つらつらとウンチクを並べてみたところで目の前の教科書やジャーナル文献が読み終わるわけでもなく・・・まあしばらくはほんとに大変なんですが、将来へのビジョンがあればきっとがんばれるかな・・・たぶん(苦笑)

comment

Secret

No title

2010.07.26.07:35

ママさんの想い、素敵ですね。
私は子育てしてても、そーいう風に思えません!(笑)
老後も夫と二人で夫の国で暮らそうと設計中ですし。。。

日本では若い未婚の先生が多いじゃないですか。
で、結婚されたら皆辞めていく。。。
ママさんの様な子育て経験あり、そしてそういう志を持たれた幼稚園の先生に出会う事が出来たら幸せですね!

No title

2010.07.26.17:24

うふふ。私もおんなじですよ。でもよその子と自分の子ってやっぱり違いますね~。責任感の度合いが違うからかな??そうですねー・・そういわれれば日本とは全然違いますね。こっちの先生は私のような子育て経験ありの先生が多いですよ。クラスメートも8割が現役のママさんだし!NZでは女性の立場が強いこともあり、どんな仕事でも寿退社なんてないですからね~。臨月でも仕事してるし、産後数週間で仕事復帰なんて人も!!教育制度も全然違いますしね。ここに9年住んでいますし、6年間ママやってますが、毎回学ぶことすべてが新鮮でとっても奥深くて面白いですよ。授業があった日は子供たちを見る目とか接する態度が違う自分に気付きます(笑)
私も将来は園経営のほうにまわって、のんびり老後を過ごしたいな~なんて思ってます。パパにがんばって稼いでもらって早めにリタイヤしなきゃ!!(笑)

No title

2010.07.27.19:49

フルタイムの学生を始めたとたん、なんだか更新率あがってない?(笑)ある意味、やけっぱち?(爆)
なるほどね~どんな気持ちで再び学生生活と主婦の2足のわらじかぁ・・いや~ますます素敵なママさんですね♪
でも、3人産んでみてやっと余裕ができるような育児ってなんとなく(一人しか産んでない私ですが・・)分かるような気がします。
客観的に育児を見ることなんて一人目育児だとできないものね。
・・・って、だからってそれを勉強したいとも思わんけど(笑)

何はともあれ、こんなママさんを持って3人娘は幸せものだね~。きっと将来3人娘の大きな助けになることでしょ~。
頑張ってね。

2010.07.28.00:17

>Meiz-bikさん

ふふふ・・書き貯め、書き貯め(笑)学校のオリエンテーションウィークにまとめ書きしたんですよ~。しばらく更新できないかなって思って。最近子供たちの写真もとってないし、ネタはあるのにどんどん日にちが過ぎてゆく・・・。Blog更新(っていうかコメント読んだり返事したり)がいい息抜きになるといいな~なんて思ってます。はい、将来子供たちにも喜んでもらえるように、が、がんばります・・・。

メイン家のお気に入りブログ

FC2カウンター

プロフィール

メイン家のママ

Author:メイン家のママ
NZ留学後、カリフォルニアでクルージング会社に勤めてカリブ海を周遊しようという計画もKiwiの夫との結婚により大きく変更。
現在は2004年1月7日生まれの長女と2006年1月6日生まれの次女、2008年9月6日生まれの三女、小さな三姉妹の母という多忙な日々を送る中フルタイム大学生になると言う無謀計画を遂行し、2013年7月NZ幼児教育の学士号を取得しました。

メイン家のおすすめサイト
■賢い海外在住者のあなたへ ■権利所得の仕組み ■旅するカフカ ■旅を仕事にしたい人へ(イメージ動画)
Emailはこちらから・・・

名前:
メール:
件名:
本文:

三姉妹はいくつ?
*script by KT*
コメントありがとう!
最近のメイン家の日常記録
過去のメイン家の日常記録
FC2アフィリエイト
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。